Will you love me tomorrow? part.1


「あ、和枝か? 俺だ」
かたわらの携帯をとると、
聞きなれた夫の声が耳元でした。

「あら、今日遅くなるの?」
「あぁ。たいして掛からないとは思うけど、
 先に食べといてくれ」
「ううん、待ってる。一人じゃご飯おいしくないし」
「ま、腹減ったら食っとけ」
「ありがと。
 我慢できなくなったらそうさせてもらう。
 帰り道、気をつけてね」
「わかった。じゃ」
電話が切れる。

携帯を置いて、中断した料理を続ける。
二人で買った携帯だけど、
私の着信記録はダンナの名前だけ。
ま、あっちもおんなじようなものかも。
ちがったりして?
用もなく長話しすることはない。
そんな年でもない。

それにしてもなんか最近‥ 残業が多い気がする。
あと2週間で定年退職だというのに。

退職直前って、普通は業務引き継ぎだけで、
のんびりとリタイアの日を待つもんだと思ってた。
こんなご時世だから、そうはいかないのだろうか?

昔からあの人は結構マメで、
遅くなるときは必ず電話をかけて来る。

でも、一人で食べるご飯って、全然おいしくない。
子供は二人とも、
とっくに結婚してこの家を出て行ってる。
普段は特にさびしい気もしないんだけど、
ご飯だけは別。
一人で食べると、
テーブルの上の無駄に空いた隙間で、
なんとなくわびしくなってしまう。
やっぱり待とう。

----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----

「おかえりなさ~い」
「ただいま。あれ? まだご飯食べてないの?」
「まだ。先にお風呂にする?」
「いいのか? じゃそうする」

お風呂には一緒に入る。
別に昔からそうだったわけではない。
何年ぐらい前だったろう?
たしか、子供たちがいなくなって、
すこし経った頃だった。
「一緒に入ろうか?」
ってこの人が突然言い出して、私はびっくりした。

「こんなおばあちゃんと一緒に入って‥‥
 楽しいの?」
恥ずかしさを隠すために、皮肉っぽく聞いてみる。
「照れなくてもいいんじゃないか? 誰も居ないし」
読まれてた。自分の顔が赤くなるのが分る。

「ま、ガス代の節約と言うことで。
 それと、ボケ防止のために
 スキンシップが必要だって、
 どっかで読んだ気もするし。いやか?」
「‥いいけど‥
 ボケ防止って、まだ早いんじゃない?」
「冗談だよ、本気にするな」
断る理由は別に無かった。


風呂場から大きな水音が聞こえた。
急がなくちゃ。あの人、出るの早いから。
ベッドの上の背広を、ハンガーにかけ、
ウォークインクローゼットにしまおうとした。

違和感。
最初は、なにがそう感じさせるのか、
わからなかった。

突然気づく。

匂い‥‥ そう、匂いだ。
ファウンデーション。
それが汗と混じり合ったときの香り。
少なくとも、私の使っているものではない。
で‥?

浮気?
あの人が?

あわてて打ち消した。
家でも会社でも、
およそそんなことに似つかわしくない人。
想像することすら出来ない。
どうせ電車でOLかなんかに付けられたんだろう。
結論を出し、お風呂に入ることにした。


この人が?
やっぱりありえない話だわ。
どうかしてる、私。

「なに見てんだ?」
「え?」
「俺の顔じろじろ見て」
「別に」
「男っぷりのよさに、改めて惚れ直したか?」
「それはありえないわね」

「対象外だって言いたいのか?」
「ううん、ずっと惚れっぱなしだから」
「おっと‥ 言ってくれるな、恥ずかしげもなく」
頭を撫でられた。

この人を疑うなんて、
やっぱり私、どうかしてる。そう思った。

next