プロローグ
  
  俺は、言いしれぬ息苦しさの中、目を覚ました。
  呼吸困難による酸素不足のために、
  脳細胞が事態を認識できないでいる。
  
  10秒後、ようやく思考回路が回復した。
  俺は喘息もちでもないし、金縛りってこともない。
  いや、そんなことをくどくど考える必要はない。
  原因は、とっくにわかっているのだから。
  
  そう、あれだ。間違いない。
  
  俺は顔を横に向けた。
  この重苦しさの元凶がいるはずの方向に、
  
  迷うことなく‥‥‥