ユウジとユミ

言葉が見つからない。
といっても、
今この状態に、ぴったりの言葉なんてないよね、たぶん。
キーでドアを開けて、スリッパに履きかえて、
目に入ったのは、ドーンと大きなベッド。
ちゃんと覚悟はしてきたつもりだったけど、
恥ずかしい。やっぱり。


ほんの1ヶ月前、
ユウジに、私の部屋に来てもらった時のこと、思いだす。

ユウジを案内して部屋に入るとき、最終点検。
よし、ちゃんとパジャマも片付いてる、問題なし。
「女の子の部屋に入った感想は?」なんて、
お決まりのこと聞こうとして振り向いたら、
突然しっかり両腕つかまれて。

いたい!って言うひまもなく、
気づくとユウジの顔が大接近中だった。
あ、初めてのキスだ、これって。
知らないうちに目つぶってた。

頭の中が、白くなっていく。
腕と唇に全ての感覚が集まってる。
それ以外は空っぽ。
すごく変。でも、とっても気持ちいい。

-------------------------------------

唇が離れたとき、
私のひざが、ガクって曲がって、崩れ落ちそうになった。
あわててユウジが私の体を支える。
「だいじょうぶか、ユミ?」
「うん」
って言ったけど、全然だいじょうぶじゃない。
まだ全身が麻痺してるみたい。力が入らない。
ユウジが手を離したら、多分そのまま床にすわりこんじゃう。
私の気持ちが伝わったみたいで、
そのまま、静かにベッドの上に座らせてくれた。

自分の心臓の音がすごく早いのがわかる。
なんとか息を整えなくちゃ。
(今思うと、なんでそう考えたのかわからないけど)

ユウジが、いつのまにか私の隣に座って肩を抱いてくれていた。
空いたほうの手で私のあごを持ち上げて、
もう一回キス。
あっ、また頭の中が白くなってく。
そのままベッドに押し倒された。

私、知らないうちに両腕をユウジの背中に回してた。
ユウジも同じようにしてた。
きつくて息が出来ないんだけど、とっても落ち着くのが不思議。

-------------------------------------

気づくと、ユウジの体が少し離れてた。
私の胸にユウジの大きな手が置かれてるのが見えた。
その手は、ゆっくりと回転しながら、
私のふくらみを確認するように動いてる。
とても恥ずかしくて、目をそらしてしまう。

ブラとブラウスの上からなのに、
胸から来る感覚が、背筋を伝わって、
スッと下半身へと走り抜ける。電気みたいに。
決して嫌な感じじゃない。
そうじゃなくて、逆になんか……気持ちいい?

ユウジの手が離れた。
おねがい、やめないで。もっと続けて……
……なんで私こんなこと考えてるんだろう……

胸の谷間に、圧迫感があった。
目を開けたら、
ユウジがブラウスのボタンを外そうとしてた。

とっさに言葉が出てしまう。
「……やめて」
「えっ?」
沈黙が続く。
ユウジが固まってる。
「どうして? 
 俺はユミが大好きだし、ユミも俺のこと好きだろ?」
「うん……」
「じゃ。どうして?」

-------------------------------------

だって、ここまでのこと全然考えてなかったし、
さっきみたいに、
頭の中が真っ白になったり、
もっと続けて欲しいって思ったり、
私、自分自身がわからなくて怖い。
でもどうやってユウジに伝えたらいいのか。

「ん〜〜〜〜。わかった。今日はここまで」
「えっ!」

目の前ににユウジの笑顔があった。
「強気のユミも、やっぱり女の子だったんだなって、
 わかったから、これだけでも収穫だよ」
おでこにチユッってキスしてくれた。

「強気の……」は正直言って余計だと思ったけど、
私の気持ちを大事にしてくれてるんだってことは、
痛いほど感じた。

そうおもったら突然涙が出てきた。
ばか、場違いだぞって自分を叱っても、全然止まってくれない。

「なんで、ユミ泣いてるんだ?」
「………………」
「そっか。じゃ抱っこしてあげましょう」
そういってユウジは私を強く抱きしめた。
私、馬鹿みたいにぽろぽろ涙流しながら、
ユウジの胸にしがみついてた。

-------------------------------------

帰りぎわ、
「ごめんね、わがままばっかで」
「たいしたことないよ、ユミが可愛いからノープロブレム……
 てのは表向き。
 俺、昔からさ、おいしい料理は最後に食べるのが好きで」
「スケベ!」
「真っ赤になってるユミも可愛いな〜」
「ばか!」


ショーツ、一番お気に入りの。でも、あまり派手じゃないの。
ブラ、はずしやすいフロントホックでパッド少ないやつ。
だって「20%増量(当社比)」がばれちゃうシチュエーションだから。ね?
はい、すべての準備完了。
気持ちのほうも、OK。
いいんだ、あとは全部あいつにまかせれば。

で、フロントでキー貰って部屋にはいって。
やっぱり凍っちゃった。

-------------------------------------

「こっち向いてご覧」っていわれて
凍ったまま向き直った私は、突然抱え上げられた。
やっぱ、男だから力あるんだ。変なこと感心してた。
そのまま運ばれて、ベッドの上に。
でもその前に、足でベッドカバー、はぐってる。
器用なんだ。

横になった私の上に重なって、キスしてくる。
舌が入ってくる。長い時間のような気がした。

唇が離れた。
胸のボタンが外される。
ブラのホックも。
今、とってもすごいカッコのはず。
とても目を開ける勇気なんて無い。
それに、どんな顔を彼に見せればいいのかわからない。

すごく鋭い衝撃があって、体がビクンってなった。
右の胸、吸われた。
ユウジの唇がその辺をついばんでる。
時々舌で、下のほうから乳首をなめ上げる。
この間のときより、もっと鋭い感覚が体の中を走る。
どうしたらいいのか分からなくて、
おもわずユウジの頭を両手でおさえていた。

-------------------------------------

左のふくらみには手がのせられてる。
さわられてる。こんなふうに男の人の手に……
乳首を指ではさまれた。
思わず「痛い」って言った。
「ごめん」
それからは、とてもやさしくしてくれた。

あれ?なんだろうこの感じは?って思ったら。
さわるかさわらないぐらいで彼の手が通りすぎていく。
胸、腰、首筋、お尻、太もも、私のからだのいろんなとこ。
ちょっとくすぐったいけど、
それだけじゃない甘い刺激が一緒に押し寄せてくる。

胸のほうの唇の刺激が来るかな、って待ってると、
太ももの外側のうぶ毛をかすめて、
手のひらが通過していく。
私、そのたびにビクンと反応しちゃう。声が出ちゃう。

さっきから、
なんか、あそこのあたりが変。
ちょっと、そう、おりものが多いときのような違和感。
もしかして………濡れてる?

くるくる円を描くように、舌が乳首を刺激してる。
そのうち、右と左の乳首を行ったり来たり。
そんなの駄目……
もうだめ、全部の刺激が、あそこにつながってるのが分かる。
多分、あそこ、すごいことになってる。
誰ともこんなことしてないのに。初めてなのに。

-------------------------------------

ユウジが私の服を、ショーツを残して全て脱がせる。
電気をかなり暗くしてくれた。
さっきからそうして欲しかったけど、
このあいだのわがままがあったから、言えなかった。
裸になったユウジが隣に入ってくる。
あったかい。なんてあったかいんだろ。

ショーツに手を掛けてきた。
そのまま脱がそうとしてお尻にひっかかった。
ちょっと腰を浮かして、協力する。

太ももに置かれた彼の手が、
あそこに向かってゆっくり移動している。
太ももの内側に来た。
もう、すぐそば。
さわられてしまう……そして濡れてるのがわかってしまう。
どうしよう?

期待と不安をはぐらかすように、
彼の指は、あそこのまわりをゆっくりと円を描いて動いている。
じらされてる?
そう思ったら、あそこの中が急に熱くなった。
なにかが、さっきよりもっと溢れてくるのがわかる。

二本の指が、あそこの二つのひだを広げようとしてる。
わざとなのか、初めてで難しいのか、
なかなかすっと開いてくれない。
やっと……

-------------------------------------

その瞬間、中にたまっていた液体が、
外に向かってあふれ出たのがわかった。
そして彼の指にからんだだろうことも。

「ユミ、おまえ、これ………?」
「知らない!」

あそこの中のいろんなところを、
彼の指が、ゆっくり触れていく。
恥ずかしすぎるよ。ユウジ。もういいよ……

「おねがい……来て」
「うん」

ユウジ突然ベッドから抜け出して、
なにかガサゴソしてる。
すぐにベッドに入ってきて私を抱きしめる。
「心配要らないよ、コンドーム付けたから」
「……ありがと」

あそこの入り口に、ユウジの固いものが触れてる。
「痛かったら言うんだよ」

彼がグッと力を入れてきたとき、
思わず「痛い!」って言葉が出た。
「大丈夫?」
「うん……」
「もっと時間掛けたほうがいい?」
「ううん、早くひとつになりたい。
 続けて……」

-------------------------------------

髪をなでてくれて、キスを繰り返して、
「大丈夫だよ、力抜いて……」と耳元でささやいてくれる。
私の呼吸とタイミングを合わせるように、
少しずつユウジが私の中に入ってくる。
そして奥まで入ったとき、
ジンジンするような痛みはあったけど、私、とてもうれしかった。
ユウジの背中に回した手で、力いっぱい体にしがみついた。

「動くよ」
「うん」
「なるべく早く終わらせるからね」

少しずつ動き始めて、
そのうちに早くなったかと思ったら、
突然ユウジの全身がこわばって、
痛みの感覚の中で、
私の中でユウジのが、ピクッピクッてうごいたの、わかった。
あ、ユウジ気持ちよくなったんだ、って思った。

「とってもよかったよ、ユミ」
そんなこと、耳元で言われて、
私、恥ずかしくてユウジの胸に顔を埋めてしまった。

ユウジ。
大好きだよ。
私は心の中でつぶやいた。
「ん?俺のこと好きだって?」
いけない。声に出してたみたい。
それわかってて聞いてくるなんて……。
「いじわる……」

初出:おんなのこでも感じるえっちな小説2 2002/02/21