「ふたり」

男と女の出会いなんて、どこにでも転がってる。
私たちのスタートラインも偶然だった。
それでも、
二人で積み重ねた時間が増えていくうちに、
手に入れたやすらぎを失うことが怖くなる。

そして今、肩を抱いていると、
私の心に君の感情が入り込んでくる。ゆっくりと。
それは、「切なさ」と表現するのが近いかも知れない。
すぐに許容量を超えてしまい、私の心は落ち着きを失う。

そこにいるのは、
すべてを私に委ねて、無防備に待っている女。
言葉であっても触れあいであっても、
これから自分の全身に降り注がれるものが、
愛であることを疑わず待っている女。

でも、一つの疑問が湧く。
逆に私の感情は君にどんな形で伝わっているのだろうか。
本人に聞いてみる。

「おんなじだョ」
それはそれで恥ずかしい、と思う。
「恥ずかしくなんかないよ、わたしは。
 ホントのことだから。あなたのこと大好きだから。」
絶句してしまう。



私の胸の下に、由衣の胸がある。
呼吸で上下すると、固くなった乳首が触れるのが分かる。
そしてそれだけで由衣の体が震える。そのたびに。

髪を撫でる。
背中の由衣の手が力を増す。
もう既に由衣の感情のすべては私の中にコピーされてる。
正直に言うと、
私のものなのか由衣のものなのか、それさえわからないほど、
二人の思いは混じり合っている。

その中に見かけないものがあった。
今すぐひとつになりたいという、要望めいたもの。あるいは「思い」。
わたしのもの?それとも由衣のもの? わからない。

体の位置を変え、先端を入り口にあてがう。
やはりまだ濡れていない。
しかし、私は「思い」に従うことにした。
すこしだけ中に入る。
由衣の両腕が私の背中をつかみ、促すように引っ張る。
目を見た。
「おんなじ?」
「そう、おんなじ」
ほほえんで由衣が答える。

しばらく、入り口のところで楽しむ。二人で。
焦らすためではなく。
だれがだれを? 今の二人には意味がない話。

おたがいの接触している場所が、熱くなる。
触れ合ってる場所の、とても細かい場所まで、
あるいは細胞の一つ一つが、官能を受け取っている。
位置が少し変わるたびに、組み合わせが変わるたびに、
この人のこの場所が、わたしのこの場所に、
とても明確にわかってしまう瞬間が、とぎれなく続く。

あまりの期待感に狂ってしまいそうな今。
すこしずつ奥に向かう。

由衣の喉から、あふれだす快感が言葉となって飛び出す。
私も全く同時に心の中で叫んでいる。同じ言葉を。
息遣いまで同じタイミングになる。
下半身だけでなく、すべての接触してる皮膚が熱い。

由衣の中に私のすべてがおさまったとき、
張り詰めていた息が、長い吐息となってベッドの上に広がる。
唇の奥からすべてをもぎ取ろうとするほどの、深いキスをする。
舌が激しく絡み合う。
じっとキスをしていられない。
どうしようもない感情に支配され、
こすり合わせるように唇を回転させる二人。
それでも手に入れられないものがある。
欲しいと思う気持ちだけが、かえって増幅してしまう。
もどかしい。
答えは一つしかない。

ゆっくりと動く。
それでもそれぞれの場所が異なった快感を生んでいるのがわかる。
由衣の声はほとんど意味のない叫びと化している。
先ほどのキスで満たされなかった分を、
今、ふたりで貪欲に求めている。

背中に痛みがある。由衣の爪がかきむしっているのだと思う。
由衣は既に、顔さえじっとしていない。
獣のような叫び声をあげ、顔を左右に激しく振り、
しかし腰は私のものを迎え入れる動きを、片時も休まず繰り返している。

由衣の背中がバウンドし始める。不規則にうねる。
そうか、もう近いんだね。

それからすぐだった。
咆哮とともに、由衣の体が硬直したのは。
そして私へのいましめのすべてが解ける。
由衣の両手と両足は、ベッドに投げ出された。

少しの間、私も息を整える。
そして、由衣の両足を開き、もう一度入れる。

休んでいた由衣が、間髪をいれず反応を始める。
さっきよりももっと強く。
中に入れた私のものは、由衣のひだに強くつかまれている。
私の動きを正確にトレースするように、タイミングを合わせて。

ひだから受ける刺激が気持ちよくてビクッと無意識に動くと、
由衣のひだがそれを受け取り、増幅して返してくる。
あっというまに私は絶頂を迎えていた。

何回かの射精の収縮の間にも、
由衣のひだが、こんどは自分自身のタイミングで収縮をくりかえす。
次に備えて弛緩した瞬間のわたしのものが、強い力でしめつけられる。
ずれた周期が、余計大きな快感となって私を襲う。



会ったときから二人を苦しめていた渇望が、
嘘のように消えていた。
由衣は既に眠りに入りつつある。
満ちたりた顔をしている。

穏やかに変わった心と共に、私もつかの間の眠りに落ちる。
由衣の後を追うように。

  Next