NGC2787



NGC2787は、何の変哲もないレンズ型の棒状渦巻銀河だった。
大熊座の中にあって、地球からの距離は約2400万光年。
7年前、私たちはその中心部で敵と遭遇した。
友好関係を結ぶ試みは既に意味のないものとなり、
この銀河のあらゆるところで、毎日のように白兵戦が展開されている。

昨日の任務では4人が帰ってこなかった‥‥‥
781中隊は、この3ヶ月で既にその人員を半数まで減らしている。
ラウンジでコーヒーを飲みながら、私はなんとなく予感していた。
地球からはるか離れたこの辺境の地で、近いうちに訪れるだろう自らの死を。

隣にいた女に気づく。顔は知ってるが話したことはない。目が合う。
同類。
私を見つめる目で、彼女の考えていることが分かった。

欲しいのはひと時のやすらぎ。それだけ。言葉は要らなかった。
手を取り、居住区に向かう。
歩きながら私の中で強烈な欲望がわきあがり、それは形になる。
気づいた彼女が、触れてくる。そのまま手を離そうとしない。
逆に、服越しにその形をなぞるように。
明らかな生の証を彼女は今欲しがっている。私も同じだ。

立ち止まる。
肩をつかんでこちらを向かせる。
彼女の表情の奥にあるもの、それは待ちきれない欲望。
背中を押し、通路の途中のくぼみに二人して入り込む。
そこは監視カメラの死角。警備員もこのブロックには来ない。
壁を背中にして私が立つ。
彼女は腰を落とし、排泄用のジッパーから私のものを取り出す。
迷うことなく口に含む。

私の尻にまわした手を基点に、長い黒髪が揺れる。
横からくわえようとして顔を傾けた時に、横顔が見える。
私の硬いものを、いとおしむようになめあげている。
そのままの態勢で動きをやめ、私を見上げる。
見つめ返す。
再び彼女は作業に没頭する。

喉の奥深くまで吸い込み、ゆっくりともどす。
先端の段差のところで唇を止め、舌をうごめかせる。
私が息を詰めたのに気づいて、一度、離す。
むきだしのそれは、細かく上下に動く。私の心臓の鼓動と同期して。
それは、私が生きていることの証。

じっと見ている彼女。
再びくわえる。
ゆるやかに髪が揺れ始める。
泣いている。唇がたてる卑猥な音のすきまに、嗚咽が混じる。
私はただ彼女の髪をなでていた。
それ以外に、私が彼女にしてやれることは何もなかった。

そのうちに私は耐え切れなくなる。
彼女の頭をつかむ手に自然に自然に力が入る。
おそらくそれがわかったのだろう。
いつか動きは深い、そしてゆっくりとしたグラインドにかわる。

細かいディテールさえ唇で感じ取り、
すべてを記憶中枢に送り込みストックするような、そんな彼女の動き。
私がそのとき得ていたのは、それまでに味わったことのない快感。
そして‥‥‥

愛されている?

そんなつかの間の思いを蹴散らすように、
彼女の動きがとても速いものに変わる。
そしてすぐにクライマックスが来た。

脈打つものから彼女の喉めがけて、断続的に精液が注ぎ込まれる。
それを飲み込もうとするわけでもなく、舌と唇は愛撫を続けていた。
白濁したものが、彼女の口の周りと私のものに絡みつき、床に垂れる。

愛撫はいつまでも続く。おそらくずっと。
彼女の両腕をつかみ立ち上がらせる。
うながされるまま私の前に立つ。
無感動の表情が逆に私を切なくさせる。
うっすらと開けた唇、口紅の上に白いもの。

キスをする。なにかどうしようもない思いに駆られて。
ざらざらとした感覚。精液の舌触りなのだろうか。
最初は何の反応も示さなかった彼女が、徐々に唇を動かし始める。
舌がお互いの口の中にはいりこむ。からむ。
さっきのことが何もなかったかのように、
わたしのものは、その間も彼女の下腹部を強く圧迫しつづけてる。

私の背中に手が回され、きつく抱きしめてくる。
唇が離れ、顔が胸になすりつけられる。
体が震えているのがわかる。


彼女を抱き上げる。
そのまますぐそばのダイニングルームに入る。
彼女の服をすべて脱がし床に落とした。
そして私のも。
散らかった服の上に横たえる。
両足を抱え、曲げるようにして、先端をあてがう。

腕が私の肩をきつくつかむ。
そして促すようにひきつける。
目が訴えている。泣き出しそうな表情で。

ゆっくりと挿入する。
先端近くの隆起が入り口を通過するときに、声が漏れた。
そして奥までたどり着く。長い吐息。二人分の。
じっとしていた。
触れ合う部分がひそかにうごめく。

少しずつ後退させる。
やはり入り口のところを隆起が通過するときに喘ぎ声がした。
抜ききらないうちに、再び侵入を開始する。
ゆっくり、とてもゆっくり。
さっきよりもとてもスムーズに入ってしまう。
押し込んでいくのと同時に、中からあふれるものが私へと逆流する。

奥まで入れ、さらに強く押し付ける。
彼女の足が上がり、私の思いに協力をする。
背中を反らし、絶え間ないうめき声をあげ続ける。
短い呼吸の中で、押し寄せる快感をむさぼろうとしている。

大きく動かす。
次第に速く。

既に私の胸の下で、彼女はじっとしてはいなかった。
首を左右に打ち振り、私の背中をかきむしり。
両足は私の腰にまきつけて。

わたしが二度目の絶頂を迎えたとき、彼女の動きも突然止まった。
先ほどまでの反応が嘘のように、まるで動かなくなる。
人形のように横たわる彼女の上で、体を密着させたまま、
私は息を整えていた。


しばらくして体を離した。
上半身を起こしてやる。
両手で頬をはさむ。
私はキスをしようと思った。
彼女が顔を急に横にそむけた。
理由はわからない。
しかし、彼女の意思を力で捻じふせる気はなかった。

服を集める。二人してのろのろと着る。
すべてが元通りになったとき、改めて彼女を見た。
黒い髪が肩までかかる、華奢な体。
さきほどまで私を求めつづけた欲望は、すっかり影をひそめている。

彼女が私の視線に気づき、見つめ返してくる。
名前さえ知らなかったことに突然気づく。
そして、一言も話していなかったことにも。

「俺は‥」

その瞬間だった。スクランブルのブザーが鳴り響いたのは。
廊下に多数の足音がした。ドアが勢いあけられ
「何してる!!急げ!」
と声がかかる。彼女の上官らしき男は、すぐに走り去っていった。
一瞬こちらを振り向く彼女。
忘れることの出来ない表情だった。
微笑み?悲しみ?感謝?
私が識別する時間もないまま、彼女は廊下へ消えた。


その日の戦闘は熾烈を極めた。
敵味方とも多数の被害を出した。
そして私も、その中で左腕を失うことになった。
役に立たない戦闘員は即座にベースキャンプまで戻される。
輸送船のベッドで、私は痛みに耐えていた。
肉を切り裂かれ、もがれたはずの左腕がなぜか強烈に痛さを伝えてくる。

もうひとつ、違う痛みに気づく。ほんのかすかな痛み。
ひとときしか一緒に過ごさなかった彼女を思い出したときに。
気づいたときには輸送船のベッドにいて。
私の胸に残されたのは、こちらを振り向いたときのあの時の表情だけ。

突然、壁のモニタが点灯する。
「これより、宇宙葬を行います。黙祷願います。」
戦いで命を失った戦闘員は、果てしない宇宙へと葬られる。
同時に、モニタには顔写真と名前が次々と映し出される。
することもなくぼんやり見ていた。

彼女がいた。
間違えようもなかった。
私が左腕を失ったとき、彼女は命までも失っていた。
あのとき、私のすぐそばで。

気づくと、右腕に涙が落ちていた。
一粒落ちたあと、止まることなく次々と落ちていく。
両眼にあふれた涙ですべてがぼやけてしまう。

私の手の中にあった彼女の黒髪。
両手ではさんだ柔らかい頬。
その感触が薄れることなく私の中によみがえる。

愛していた。
彼女が私を愛してくれたように、
私もまた、彼女を愛していた。あのとき。そして今も。

やっとわかる。
最後の彼女の表情の意味が。

「愛してる」
と言いたかったのだろう、と。



初出:おんなのこでも感じるえっちな小説2 2002/08/17