Drivin'


冷蔵庫から麦茶のボトルを出し、じかに口に注ぎ込む。
角度が悪かったのか、口から少しあふれた。
下あごを伝わって床にこぼれる。
あごを手でぬぐう。
さらに飲んで一息ついたところで、少し口の中に含む。
そのまま冷蔵庫にボトルを戻しドアを閉める。
周囲が、ここに来たときと同じ暗闇になる。

ベッドルームに戻って、横たわる美樹にキスをする。
冷えた私の唇の意味を理解させたところで、
口の中の液体を注ぎこむ。
美樹は喉を鳴らして飲み込む。
ゴクッゴクッという音が部屋の中に鮮明に響き渡る。
あふれないように一口ずつ入れていく。

飲み終えた美樹は首をかしげ、
「おいしい〜」
と、とびっきりの笑顔をこちらに見せる。


美樹と私は、二人でさきほどまで激しい運動をしていた。
もう涼しい季節だというのに、滝のような汗をかいて。

彼女が背中を反らしながら声をあげる姿は、
いつ見てもかわいい。
背中にまわした手で私を強く引きよせ、
「もっと、もっと」と際限の無い要望を告げるのも。

奥へ、さらに奥へ、
すべてを埋めつくして欲しい、

そんな欲望を美樹はベッドの上で隠そうとはしない。
欲しい気持ちをそのままに。言葉の中に込めて。

抱きしめる。キスをする。押し付けるような挿入を繰り返す。
それらを同時にされることが、美樹は好きだ。
そうして美樹は、ついさっき絶頂を迎えた。
私の胸の下で。


「ドライブ行こうか?」
裸で横たわったままの美樹に提案をする。

「え?」
「しばらく行ってないだろ?」
「そういえばそうね。うん。行こう!」
真夜中のドライブが突然決定した。

「でさぁ、ひとつ美樹にお願いがあるんだけど。」
「なーに? あらたまって。」
「下着つけないで欲しいんだけど」
「う〜ん まあいいか、夜中だし」

簡単に了承される。
ベッドタイムの後、美樹は下着もつけないで、
そのまま寝るのが好きだった。
それに近いものがあるのかもしれない。

裸のお尻を見せて、クローゼットを覗き込む美樹。
そばにいって一緒に服を見る。

「これにしたら?」
長目のコットンのワンピースを指差す。色はライトブルー。
「そうする」
ボタンは前ボタン。上から下までの。


走り出してすぐ、タバコを忘れたことに気づく。
コンビニの前に車を止める。

「ちょっと行こう。飲み物も欲しいし。」
素直についてくる。
私が飲み物を選んでるときに、
美樹は別な売り場で、ぶらぶらしてしていた。
ちょっとした反応を、内心期待していたのだが、
普段と変わったところは何も見えなかった。ごく普通。
いや、まだドライブは始まったばかりだ。

首都高速にはいり、都心環状線に向かう。

昼間なら、神田橋で決まって渋滞する外回りも、
今日だけは車の数も少なく、運転は楽だった。
左車線を軽く流す。
じきに、ライトアップしていない状態の東京タワーが見えた。
正面には、立体的な浜崎橋のICが見えてくる。
左には倉庫と暗い海が広がる。

浜崎橋からレインボーブリッジに向かう。
左に車線変更して羽田線に別れを告げる。
ここから先の道路は直線が多い。

私は左手を助手席に伸ばした。
腿のうえ、前ボタンワンピースの隙間から指を入れる。
シャリッとした感触。
予想していたのか、美樹は何も言わない。
そのまま指を進める。

車はレインボーブリッジにさしかかった。
遠くに停泊中の船が見える。

「あれって屋形船?」
「ちがうよ、そんなに小さくないだろ、あれは。」

会話と無関係に指は動いている。
指先が、膨らんだものに触れた。
クリトリスの上の部分。カバーがついた状態。

「やっぱりレインボーブリッジってさ、
 遠くから見たほうが綺麗だね。」
美樹はしみじみと言う。

軽く触れるように下方向へ指を動かす。
腿に力が入るのがわかる。
その先、飛び出しているひだに触れていく。順番に。
あまった指で足を広げるようにうながす。
私の意思を汲み取って、両足がおずおずと恥ずかしそうに開かれる。

上から下まで、なんどもなんどもやさしく指を動かす。
美樹の口から、腿のこわばるタイミングと同時に声が出る。
そのまま運転を続ける。ずっと。

一度、周囲の車が少なくなったときに、横を見た。
唇を軽く開き、目が半分うつろな美樹がそこにいた。
意識は下半身の一点に集中してるに違いない。

指をそっとそこからはずし、右の乳房をつかむ。
乳首を探り当てる。既に大きくなっている。
薄いコットンの生地越しなので、かなり簡単だ。
円を描くように愛撫する。
美樹の手が私の手首をつかむ。
かまわず服越しの愛撫を続ける。
反応はさっきより強くなってきている。

しばらくそんなドライブを楽しんだ後、
途中の埠頭で湾岸線を降りる。横浜に行くと帰りが大変だから。
カーブが多く、さすがに危ないので両手でハンドルを握る。
美樹は途切れのない刺激に疲れたのか、座席でぐったりしてる。

降り口のすぐ先で通行止めになっていた。道路の反対側も。
一般車は、夜間、締め出されるようだ。
期待はずれの思いはおくびにもださず、一般道へと向かう。

じきに産業道路に入った。
一般車は少なく、時折トラックが走ってるぐらい。
スピードは抑え目にして、左車線を走った。
いたずらを再開する。

 Next