prologue.....

坂道の途中、見上げた景色に私は思わず立ち止まった。

遠くに見える木々。そのところどころが赤や黄色に染まっている。
青い空の下、原色の絵の具をぶちまけたパレットのように、
道の両側は普段と違うにぎわいを見せていた。

もう何日も前から少しずつ変わって来てたはずの色。
日常に追われているうちに、私は景色を見ることさえ忘れていた。

11月‥‥
いつもの冬がもうじきやって来る。

去年の冬と少しだけ違うのは、あなたが隣にいないこと‥‥‥


 第一章 バスを止めるおとこ

 その日、私は渋谷のスペイン坂でFMの公開生放送を見ていた。
ガラス張りのサテライトスタジオの中では、おなじみのDJが笑顔を振りまいていた。
11月としてはかなり寒い日。空には低い雲が垂れ込めていた。

「では次にかけるのはデスチャ、デスティニーチャイルドの新曲です。
 きのうプロモのほうも見たんですが‥ これがまた色っぽいんだよね~ マジで。
 といっても残念ながらラジオではお見せできないんですが、そこはそれ。
 うちの放送局のサイトで一部ですが見れるようにしてあります。
 はい、じゃURL言うよ。メモの用意はいいかな? みんな?」

大好きな番組が目の前で進行していくのを眺めながら、
私の心はまったく別な方向、今朝のできごとへと向かっていた。
そしてそこにいた、いたずらな目をした男のこともいっしょに。


いつものように寝坊して、私はバスに乗り遅れそうになっていた。
さすがに1分30秒の遅れは取り返しようも無く、トーストを口にくわえたまま、
今世紀最高の走りをしながらも、事態はほぼ絶望かと思われた。
私の乗るべきバスが遠くに見える。

そのとき、バスが出発するかと思われたまさにそのとき、
誰かがその前に立ちふさがる。高校生の男子制服に眼鏡&白いマフラー。
中尾彬のような巻き方ではなかったけど、それなりにこだわりのある巻き方で、
でも、どうみたって10代設定は無理で、
30過ぎてます? って突っ込みたくなるような雰囲気だった。
そう、キャラ的には「若作り、実態オジン」

でもそれ言ったら、私自身も友人から言われてるわけで。
「あんたの制服姿って、微妙に主婦が旦那の為に昔の制服着てます、
 的な雰囲気あるのよね、夜の生活、マンネリ打破! みたいな」

‥‥いやなことは忘れよう。

傍に寄った。バスは男の鼻先5cmで止まっている。
「だ、大丈夫ですか?」
私の声にこちらに向き直った男は口を開く。
「僕は死にましぇん」

はにかむようなその柔らかい笑顔に、私は運命的な出会いを感じていた。
そう、私はそのとき既に彼に恋してしまっていた。


いつのまにか公開放送は終り人々が散り散りに去っていく。
私は彼に教えてもらった番号に携帯から電話を入れた。

デスチャのプロモを携帯から見たあとで‥‥


 第二章 過去から呼び起こされた記憶

そんなきっかけがあって、私たちは付き合い始めた。

その日、私はいつものように彼とデートしていた。
彼は優しくて、そしてそのとろけるような笑顔で私を見てて。
ずっと夢を見ているように素敵な時間が過ぎていた。

でも、でも今、ひとつだけ不満がある。

なんで彼は私を襲ってくれないんだろう?
もう、気持ちもなにもかも準備万端整ってるし、
ここんとこ毎回、デートのときは勝負下着を着用済みで。
なんか、私に魅力が無いのかなと考えてしまう。

だから‥‥

「ちょっと待って欲しい。
 なんでここに?
 ここはその‥ あの‥ ラブホテルじゃないか」

夕食をイタリアンレストランでとったあと、
私は通りがかったラブホテルに強引に彼を引っ張りこんでいた。

「だって‥‥
 私たちもう付き合って随分経つよね。
 でもあなたは私を誘わない。
 ううん。あなたと一緒に街を歩いたり、
 色んな事をしたりするのはすごく楽しいの。
 でも‥‥」

「でも?」

「もっとぬくもりで、体で、あなたを感じていたいの。
 だから‥ あの‥ 私を‥ 抱いて‥ 欲しいの」

「そ、それは」

「‥‥どうして? 私って、そういう魅力が全然ない‥ とか?」

「そんなことはない! すごく魅力的だよ」

「じゃどうして」

そのまま彼は次の言葉を言おうとはしない。

「やっぱり私、帰る」
「待てよ!」
「いや! なにかとっても大きなことがあなたの前にあるって、
 私だって気付いてるの。
 でもね、あなたが苦しんでいるんだったら、
 私も一緒に考えさせて欲しいの、
 あなただけが悩んでるなんていや!
 だって‥ 私‥ あなたのこと‥ 好きだから」

そう言いながら知らず知らずに私は涙を流していた。
胸が切り裂かれるように痛みを感じながら。

「‥‥‥」

「私ってそれぐらいの女だったの? あなたにとって。
 もういい!」
彼は立ち上がった私の肩をつかんでベッドに座らせる。

「‥‥わかった。言うよ、僕がキミを抱けないわけを」


「それは僕にとってどうしても不可能なことなんだ。
 運命のいたずらを僕がこれほど恨んだことは無いよ」


え~っ!? じゃ、じゃさ、
インポだとか、ゲイだったとか、真性包茎だとか、そ、そういうこと、


「ちがう、君の考えてるようなことじゃない」

えっ?!

「きみのお父さんは若い頃僕の母と結婚していた。
 だが不幸な事故で記憶を失い、放浪の末、君の母親と出会った。
 だから‥‥」

えっ、 ‥‥それって ‥‥もしかして

「そう。僕と君とは兄妹なんだ」

もたらされた驚愕の事実の前に、私は一瞬言葉を失った。

「だから、その事実を知った時点で、
 どんな無理をしても君と別れるべきだったんだ。
 でも僕にはそれが出来なかった。君を愛しすぎていた。
 君をあきらめることなんて、僕には無理だった。
 でも今、君には本当に悪かったと思ってる」

「ふ~ん」
「???」
あまりに平然とした私の態度に彼は驚きを隠せない。
ふつう、ここは悲しい顔で不幸のどん底ヒロインやるとこ。
でも私は全然そんな考え方してなかった。

「えっと、あなたの話はわかったのね。なんかすごい状況なこともね。
 で、それを踏まえて提案があるんだけど」

「ちょ、ちょっと待ってくれ。
 なんで君は僕のシャツを脱がそうとしてるんだ?」

「だから~ それって子供産んだら確率的に奇形児が発生するかも、
 ってことでしょ?」
「ん ‥んまぁ そういうことだな」
「じゃ子供作らなきゃいいわけでしょ?」
「えっと、それはそうだけど」
「うまいことに戸籍上は赤の他人なんだから結婚も出来るし」
「ちょっと待てよ」

その間にもシャツは脱がせ終わって、
私は彼のズボンのベルトに手をかけてた。

「待てって、話がまだ」
「大丈夫。私ピル飲んでるから。心配しなくていいのよ?」

「で、あとはあなたの気持ちだけが問題だけど‥‥」

さりげなくズボン越しに触ったら‥‥
十分固いじゃない~ 余裕でOKっぽい。

「な~んだ、その気十分じゃない」
「こ、こ、これは、ただ単に」

手でゆっくりと握ってみる。ピクンピクンと脈打ってて‥
かまわずズボンとパンツを脱がしてしまう。
うろたえるその顔がまた、可愛い~~!!

んで仕上げはすぐ傍に立って背中を向けて、
私は服を一枚ずつ自分で脱いでいった。
本当は彼に脱がせて欲しかったけど、今はこれしかない。

下着も全部脱いで振り返ったら、彼、ヘヘ、ちゃんと「ケダモノ」の目をしてた。
ということでそのあとはしっかり「合体!」

よかったぁ~ 彼、ベッドの上でもすごく優しくて‥
初めての痛みって、そんなになかったし。っていうかかなり気持ちよくて。
思い出すだけでもう‥‥ うっとり‥‥

----*----*----*----*----*----*----*----*----

1ヶ月ぐらいたってから、彼の希望で大学病院に行ってDNA鑑定をした。
そしてその結果を聞いたら‥‥

「これってさぁ、もしかして」
「ちょっとな~」

鑑定結果:彼と私は赤の他人

「っていうことは」
「私のお母さんかあなたのお母さんか」
「どっちかが不倫してて、その相手と子供作ったという証拠で」
「ちょっと予想外の展開よね~」

「でも、私たちに限って言えば、何の心配もいらなくなったわけで」
「ま、そうなんだけど」

「このこと、家族に‥」
「言わないほうがいいだろ、いまんとこどっちが不倫したのかわかんないけど」
「うん。これを今更明らかにしても誰も喜ばないしね」
「あぁ、そういうことだな」

「じゃぁさ」
「?」
「まだ、帰るには時間早いよね?」

「‥はいはい、はいはい。
 気がつかなくてごめんね。じゃ、行こうか、そろそろ。
 今日はたっぷり可愛がってあげるよ!」
「うん!」


 第三章 永遠の愛

「なにしてるの?」
ちっ、起きちまったよ。やっぱ無理だったかなぁ作戦として。

「あの、そんなとこに‥ だいたいそれなんなの?」
寝てるうちにパジャマ脱がされて下半身丸出しで、
おまけにあそこに変なのつけられりゃ、
普通ならもっと怒るんだろうけど、この人はあくまで穏やか。

ま、ばれちまったらしょうがない。

「型取り用の特殊樹脂」
「?」
「こうやって型をとると、同じ形のものがシリコンで出来るの」
「‥‥‥」
「‥‥‥」

「だってさ、もうすぐあなた死んじゃうし、
 で、他の男の人を好きになって抱かれるなんて、
 私考えたくないし。だから‥」
「‥‥だから今のうちに型をとって、この形のバイブを作ろうと」
「うん」

「なんと言ったらいいのか‥ 言葉が」
「いや?」
「前にも言ったけど、きみが僕の死んだ後、
 あるいは誰かを好きになって、
 そして幸せになってくれるんならそれでもいいと、
 僕はそう思ってる。
 だから今、君の将来を束縛する事は避けたいと思ってる。
 いや、他の男に君が抱かれるなんて、
 考えるだけでもイヤなんだけどほんとに。
 でもね、それは死にゆく人間のワガママに過ぎないんだよ」

彼は、いや、もう結婚してるから旦那というべきなんだけど、
この人は優しい目でそんなことを平然と言い切る。
そしてそれが心から出た本音であることも疑う余地が無くて。

今も目の前にある穏やかな微笑みは、私だけを見ている。
その優しさの中に私はずっと今まで包まれてきた。

でもなんで、この人が、
天使のような清らかなこの人があと半年の命なんだろう。
どこの神様がそんな無慈悲なことを決めたんだろう。
いったい彼がどんな悪いことをしたというの?

「神様をうらんじゃいけないよ。
 君と出会い、紆余曲折はあったけど結婚して、
 今まで僕も君も幸せに暮らしてきたろう?
 あるいはひとよりは短い期間と言えるのかもしれない。
 でも僕は今まで十分幸せだった。後悔なんかしてないよ、全然」

それはその通りだけど‥‥

「おいで」

言う通りそばに行くと彼に抱きしめられた。思いっきり私は泣いた。
もう何度目になるんだろう。医者に二人の時間が半年と告知を受けてから。


「じゃ、始めようか」
「?」
「型取り」
「いいの?」
「いいよ。君が望むことならなんでもしてあげたいんだ。
 いつだってね」

そう言って彼は私にキスをした。

- - - - - - - - - - - - -

型をメーカーに送ったら1ヶ月かかるって言ってきた。

私は彼との残された時間を笑顔で過ごそうと決めていた。
泣いて過ごしても楽しく過ごしても長さは同じ。
それなら出来るだけたくさん素敵な思い出を作ろうって、
そう思った。

二人でコンサートを見に行ったら、私の古くからの友人で、
今は医者になってる人と偶然出会った。
あっちも夫婦だったのでそのまま四人で食事になって。

ご主人も医者だったのでアルコール入ったとこで、
彼のガンのことちらっと言ってみた。
一瞬驚いたみたいだけど、私たちの落ち着いた様子を見て、
安心したみたいだった。

「ベストパートナーのいる素敵な人生に乾杯!」
「乾杯!」

化粧室で彼女が私に言ってきた。
「旦那が彼を一回診察させてくれないかって」
「?」
「ちょっとひっかかるものがあるって言うのよ」
「でも」

いや、なにか少しでも望みがあるならそれは‥

「お願いします。私、彼を説得するから」
「じゃ、私に連絡頂戴。とりあえず日程押さえておくから」


案の定、彼は再検査を嫌がった。
気持ちはよくわかる。
やっと心の整理がつき、
おだやかに自分の人生を終了させることを自分自身で納得し、
残された時間を私と過ごすと決めたのだから。
消えたはずの希望を再び持って、それが夢となってしまえば、
もう二度と立ち直ることができないかもしれない。
誰でも普通にそう考えるだろう。

でも私は彼が好きだ。だから生きていて欲しい。
意思の無いバイブなんかじゃなくて生の彼のほうが何倍も好き。
私の中をかきまわすあの腰の動きも。引っかかる場所も。
ジュル‥‥ 

ち、ちがう、論点がずれてる。

結局彼は私の言う通りにするって折れてくれた。
優しいから私が無理を言えば決して断らないと思ってた。


MRI、CTスキャン、それ以外にも私の知らない色んな機械。
病院は工場かと思うほど、最新鋭のマシンで運営されていた。
あっちこっちで光線に輪切りにされ、中から写真をとられて。
かなり彼も疲れたみたいだった。

そして一週間後‥‥

医者夫婦がそろって目の前にいた。そして私と彼と。
なんか‥ 医者夫婦、やたら笑顔で‥ なんだろういったい?

「結論から言うと、ご主人の病気はガンじゃなくて胃潰瘍でした。
 組織培養の検査数値は1で、全くガンの心配はない」
「え?」
「ただし、だいぶ進行してるんで胃は全部摘出する必要がある。
 何とかできないかと思ったけど、ちょっと難しいと思う」

私も彼も言葉を失っていた。
まじ‥ ですか‥

いや、胃のひとつやふたつで死ななくていいならOKだし。

「セカンドオピニオンとか、二人とも考えなかったの?」
「いえ、そんなこと」

くっそぉ~ 誤診かよ~ あのやぶ医者。
いつか殺してやる!!


ベッドも空いていたので彼はその日すぐ入院した。

無事に手術も終え、3週間後彼は家に戻ってきた。
ちょうど時を同じくしてブツが届いた。
いらなくなっちゃたな、これ。だって本物があるんだし、ここに。

「触ってるとそんなに気持ちいい?」
「うん、やっぱりこれ大好き」

「‥なんかさ、
 君が僕のことを好きなのは十分わかるんだけど、
 例の一件も含めて、
 ウェイト的に一箇所にその思いが集中してるような、
 そんな気がしてしょうがないんだけど‥‥」

「そ、そんなことないよ。あなたのこと、全部、好きだし」
気付かれたか‥‥

「ま、いいや。たいした問題じゃないしね」
セーフ!

「こっちにおいで」
はいはい喜んで! 
で、前と同じに優しい時間が始まって‥‥ いよいよ‥
えっ? なにそれ‥ 痛い!

「なにしてるの? ちょっと痛いし、場所が違うような」
「ほらこれ」

彼が見せてくれたのは、例の特製バイブ。

「これ、いらなくなったんだけど捨てるの惜しいし。
 だから思いついたんだ。
 ここに入れてみたらって」

と再びあてられたのは後ろのほう。
ウィンウィンと唸る奴が私の後ろのほうの入り口を刺激してる。
で、彼のがゆっくりと濡れてるあそこに当てられて、じわ~って。

なんか二箇所からの強烈な刺激で、私かなりの大声を上げてたと思う。
だって、ただでさえ久しぶりだったし。

「また今度だね、こっちの処女を貰うのは」

‥‥その二枚目顔でそんなオヤジ気味セリフ言われても。
イィ! 萌える!

惜しむらくは眼鏡とマフラー外すとちょっと魅力がダウンするのよね。
でもいいか。その分あれが素敵だし。
あとそっくりなあれもあって。
なんかすごく素敵な生活が送れそう。

epilogue.....

紅葉を見る私の視界が突然塞がれた。犯人は大きな手。
 
  凶悪な強姦魔に対しては最初にヒジ打ちを入れるのが有効だ。
  突然の反撃に頭が下がってるだろうことを予測し、
  右回し蹴りを側頭部に。
  続けて左右の正拳をみぞおちに決め、
  とどめは下からの蹴りあげで金的つぶし。完璧!

というプランは魅力的だけどありえない前提に基づくものなので
却下した。
クロコップ好きだし、ミラ・ジョボビッチも大好きだけど。

そして有り得る推定といえばただ一つ。

「誰だかわかる?」

その言葉は、そう、出張で出かけてた彼!
というかそれしかありえないのだけど。早かったんだ。
3日いないと寂しくて寂しくて、ブルーな気分になってた私は、
柄にもなく紅葉に涙こぼしたりしてたわけで。

そして今、リアクションを考えてる私。
瞬時に答えはでた。

「だれだろう? わかんな~い」
完璧だ。ちょっとあざといけど、やはりこれが本線。

両肩をつかまれ、向きなおされて‥
 
あぁ、もう、

茶色の眼鏡。クリーム色のマフラー。あのコート。
そしていつもの笑顔。
心が激しくときめくと同時に、
下半身もまたお出迎えの準備が整ってしまう私‥

キスされてる間も、手が動きそうになって必死でがまんしてた。

手を繋いで夕陽の道を二人で歩く。

彼はとても楽しそうだ。でも私の思いはたったひとつ。

早く‥ したい‥ んだけど‥

Fin