Will you love me tomorrow?

Will you love me tomorrow? part.2


数日後、再び帰りの遅い日があった。
背広をしまうとき、何気なく匂いをかぐ。
いやぁね、女って。これじゃまるっきり、
ドラマでよくある、嫉妬心の強い妻みたいで‥‥

記憶にある匂いがした。
このあいだと同じ。

偶然?
たまたま同じ女が、たまたま同じ電車で?
それはありえないこと。

女がいる‥‥
頭がクラクラして、くずれるようにベッドに座る。
ちがう。なにかわけがあって‥‥

でもそれはどんなわけだろう?
自分で言っておきながら、何も思いつかない。
頭の中で、私はどうどう巡りを繰り返していた。


寝室のドアが開いた。
「どうしたんだ? 待ってたのに」
「ごめんなさい、ちょっとめまいがして」
「大丈夫か?」
「だいじょうぶ。もう治ったから。
 ごはんにしましょう?」
「そうだな」


何一つ変わった雰囲気は無い。
何も。
どう考えたらいいのだろう。

「やっぱ具合悪いのか?」
「え?」
「おかわり、ってさっきから言ってんのに」

目の前には御飯茶碗が出されていた。
あわててごはんをよそった。

「ご飯食べたら寝ろよ。片付けはしておくから」
「‥そうしよっか」
「そのほうがいいよ」

顔を見てるのがつらかった。

どうしたら?
どうしたらいいんだろ、こんなとき。
眠りに落ちる寸前、
他の誰かを抱きしめてるあの人の姿が、
瞬間的に脳裏に浮かび上がる。

悲しい。
私の心を支配した感情は、まぎれもなくそれだった。
様々な出来事と時間を経てなお、
私がまだあの人を愛してることに驚いていた。

----*-----*-----*-----*-----*-----*-----*----

数日後、娘の里美が昼に遊びに来た。
2才の洋介はやんちゃ盛り。
あちこちに行っては無茶をするので、
片時も目が離せない。

「誰に似たのかしらね? この子。もう困っちゃう」
「あんたに決まってるでしょ? 
 手間かかったんだから、あんたには」
「そうかなぁ。ま、怪我多かったね確かに」
「でしょ?」
「洋介! そっちはあぶないからだめよ~!」

そんな間も、私は一つのことを考えていた。
そう、「女」のこと。

「どうしたの?」
里美が目の前で私の顔を覗き込んでいる。
かたわらを見ると、やんちゃ坊主は、
幼児番組を見ながら寝入ってしまっていた。

「ちょっとね」
「ふーん。話しにくいことなの?」

娘の顔を見ていて、
他に相談できる人もいないのに気づく。
「実はね‥‥」


「お父さんが? ちょっとそれ、無理が多くない?」
「お母さんもそう思うんだけど。でもね‥」
「あの、朴念仁を絵に描いたようなお父さんが、
 この期に及んで浮気かぁ‥」
「私も信用したいのよ。でもやっぱり」

「もしかしてお母さん、妬いてる?」
「馬鹿言わないの! いまさら」
「いまさら‥‥でもないんじゃない?
 男と女なんだから」

そう、私は妬いていた。姿の見えない女に。

「ぶっちゃけ、聞いちゃったら?」
「なんて?」
「浮気してますか? って」
「そんなこと言えるわけ、ないでしょ!」

「なに笑ってるの? あんた」
「だって‥ ハハ。お母さん、高校生‥ちがうな、
 中学生のお嬢様みたいなんだもん」
「‥‥‥」
「好きな人に告白できないで、うろうろしてる感じ?」
「シチュエーション違うでしょ!」
「似たようなもんよ」

「そうだ。お父さんの電話って何時ごろ来る?」
「え? あぁ。それ、だいたい4時ごろ」
「じゃ、会社に行って、
 ばれないようにあとをつけたら?」
「そんなこと‥‥」
「大丈夫だって。だいたい決まってるよ。
 パソコンショップとかオーディオショップで、
 新製品を見て腕組んでうなったりしてさ。
 多分そんなとこ。
 悩んでいるより、リアルタイムチェックのほうが、
 いいって」

反論しようとしたけど、
たしかに里美の言うとおりかもしれない。
なんでもなければ、疑惑に気づかれずに全てが終わる。
無かったことになる。

洋介が起き上がる。
「おはよう、洋介」
おなかのすいた洋介のために、
里美はご飯を作り始める。

なんでもない。なにもあるわけがない。
だから悪いことじゃない。
私は自分に言い訳を繰り返していた。

next